ブログタイトル
なぜサラリーマンは不動産投資をすべきなのか -手間-

※現在サイトリニューアルに伴い過去のブログが削除されています。過去分も含め順次アップしてまいります。

不動産投資は手間いらずでバランスがいい

小社が勧めている不動産投資は、本業を持つサラリーマンの方が時間と信用を活用して、老後へ向けた資産形成を可能とするものです。

基本的に物件は永久保有していただくこと前提でプランを組み立てます。

逆に短期で物件を転売して差益を稼いだり、莫大なリスクをとって大きなリターンを狙い家賃収入で生活を回していくというような投資スタイルは採用していません。

サラリーマンの方が対象となった場合、投資には手間をかけることができません。

投資業が本業ではないので、本業の傍ら文字通り「片手間」にできるものでないといけません。

その中で最もサラリーマンに適しているのが都心のワンルームマンションなどの小規模の不動産投資だと考えています。

投資にも様々ありますが、上述のように本業の傍らに行うサラリーマンに対しては手間の少なさが重要となってきます。

投資に時間や労力を取られて本業が疎かになったら本末転倒ですし、かといって全く投資効率のないものにお金を費やしても意味がありません。

 

そういう意味で不動産投資はバランスがいい投資だと思います。

不動産業界は特に区分所有等では外注のシステムが完全に出来上がっているため、入居者の募集や賃料の回収、建物の管理・維持、保険に至るまで、ほぼワンストップで他者に依頼することができ、その後もほとんどオーナー自身がやることは発生しません。(1棟ものなどを自身で管理する際はこの限りではありませんが)

それらの手間が生じない割には利回りも現時点ではそこそこ獲得でき、少なくとも借金の返済を入居者が行ってくれるという資産形成の効率性の高さが魅力です。

お金を貸してもらえて、そのお金で投資が可能なもの自体がそもそも限られますからね。

不動産投資は手間いらずの投資として、サラリーマンの方々にマッチしたものだと言えるのではないでしょうか。